リトルリーグの歴史

リトルリーグの歴史は、1939年6月からはじまりました。
アメリカ・ペンシルベニア州ウイリアムスポートに住んでいたカール・ストッツという人が、近所の子供達12人でチームを結成したのがはじまりです。
はじめは野球の好きな9歳から12歳までの少年で作られたわずか3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間が増えるにつれて、「品性と勇気と誠実」の野球少年団はいつしか「リトルリーグ」と呼ばれるようになり、やがて世界にも広がりはじめました。
そして1947年には、第1回のワールドシリーズが開催されました。
1964年7月16日、ジョンソン大統領の署名によって、連邦政府認可の法人として成立したリトルリーグは、アメリカのボーイスカウト活動、青少年赤十字団などと並んで立派な社会活動の団体として認められることになったのです。
こうしてリトルリーグは世界中に広まってゆき、2010年度は全世界で7,123リーグが登録し、220万人の選手、100万人のボランティアが参加しています。


香取リトルリーグ(旧佐原リトルリーグ)の歩み

1976年10月 杉山事務局長の努力により佐原リトルリーグが結成された。
日本リトルリーグ野球協会 関東連盟に加盟する。
1976年 1月 関東連盟が、東京連盟・北関東連盟・南関東連盟・東関東連盟の4つに分割された。
佐原リーグは東関東連盟 水郷ブロックに所属し、鹿島リーグ・鉾田リーグ・小見川リーグ・八日市場リーグ・佐原リーグの5チームで構成された。
1980年 3月 東関東連盟は千葉県と茨城県に別れ、佐原リーグは千葉中央ブロックに所属するようになった。
2013年 3月 千葉中央ブロックに九十九里リーグが加わり、所属チームが千葉市リーグ・成田リーグ・銚子リーグ・小見川リーグ・山武リーグ・長生リーグ・いすみ市リーグ・九十九里リーグ・佐原リーグの9チームとなった。
2016年 9月 設立より40周年と、香取市市制10周年を節目に、「佐原リトルリーグ」から「香取リトルリーグ」に名称変更した。

↑ ページの上部へ

新入部員募集中

幼稚園生から小学6年生までの入団を待っています。
ぜひ体験入部に来てください!


コーチ募集中

幼稚園生や小学生の硬式野球に興味の有る方、一緒にコーチをしませんか?

お問い合わせ先

「リトルリーグに興味がある」「硬式野球に不安がある」「聞きたいことがある」などご質問・お問い合せは、事務局長代理 弓削まで、お気軽にどうぞ。
携帯:090-3693-1195
E-mail:maruhati244@gmail.com